整うからだ、変わる呼吸(第2回)

\ワークショップのお知らせです/

「整うからだ、変わる呼吸」

-シヴァナンダヨガ基本の12アーサナを深めよう!-

日時:2021年2月2日(火)19:00~20:30

場所:いきいきサロン防地(広島県尾道市防地町9-35)

料金:1,500円

講師:岡田紗弥

シヴァナンダヨガの基本の12アーサナを1年かけてゆっくり学ぶ。

全12回のワークショップ第2回です。


アーサナはサルヴァーンガーサナをおこないます。

おはなしは「心身の不調とチャクラのつながり」です。




第2回目は「サルヴァーンガーサナ(肩立ちのポーズ)」

からだのすべての部分に利益をもたらすポーズです。


・甲状腺、副甲状腺の調整

・筋肉と骨の正しい成長を促進

・首や肩甲骨の筋力、柔軟性向上

・脊髄神経根への血液供給の改善

・水分代謝の向上、むくみ緩和

・軽い鬱症状、不眠の緩和

・明晰な思考を促す

・ヴィシュッダチャクラ(喉)の活性

このような効果が期待できます。

※甲状腺や肝臓、脾臓の肥大、ヘルニア、高血圧や心臓疾患、血栓症、目の疾患、月経中や妊娠後期は練習を控えましょう。

こんなお悩みはありませんか?

・腹式呼吸ができず息苦しさを感じる

・ポーズをキープしている間、首や背中に痛みが生じる

・下半身が重くバランスが取りづらい

痛みの原因はもしかしたらここかもしれませんー頸椎と肩甲骨の動きー

息苦しさや痛みは首や肩の筋肉が過度に緊張しているからかもしれません。普段の生活で、デスクワークや立ち仕事など長時間同じ姿勢で過ごしたり、スマホの利用時間が長くなることで頭や首、肩の筋肉は緊張します。休む間もなく働きっぱなしになると、関節の動きが鈍くなることがあります。そのままの状態でアーサナを頑張りすぎると痛みを伴うこともあるので気をつけましょう。

サルヴァーンガーサナを支えているのは肩・首・頭です。

安定した土台作りのために2つのポイントがあります。

ポイント①頸椎

7個ある頸椎のうちどこの動きがポイントになるでしょうか?


ポイント②肩甲骨と肩の連動

肩甲骨の上半分と下半分…より大事な動きを担っているのはどちらでしょうか?

繋がっているー足首と股関節ー

下半身が重く感じて長時間キープするのが難しいと感じたことはありませんか?車社会で生きていると下半身を大きく動かすことが減ってきます。股関節の硬さは骨盤や腰回りにも影響を及ぼし腰痛を引き起こすこともあります。ここでポイントになるのが、足首と股関節のつながり。

ポイント③足首、ふくらはぎ、太もも

前側と裏側どちらがしなやかだと軽やかにキープできるでしょうか?

ワークショップではこの3つのポイントに着目して練習を進めていきます。

呼吸の通り道がどんなふうに広がるのか…。縦の広がり、横の広がり、背中にまで満ちる、みずみずしい呼吸をこの身体と心にプレゼントして、アーサナの恩恵を全身で受けとりましょう◎


・ヨーガを練習している方

・伝統的なヨガに興味がある方

・これからヨガを初めてみたい方

・通常のクラスを受けていてアーサナについて深く理解したい方におすすめです。

通常のクラスではアーサナができるかどうかではなくチャレンジしていく過程を大切にしています。ここでアーサナができるようになることがゴールではないので、「ポーズができないから参加できないわ」と諦めないで。安心してご参加いただけたらと思います。

【お持ち物】

・ヨガマット

・フェイスタオル1枚

・お飲み物

(筆記用具・ブランケットなど)

【注意点】

・更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。

・室内の温度調整がご希望に添えない場合がございますので、上着やブランケットなど保温できるものをお持ちください。

・録音や動画の撮影はご遠慮いただいておりますので、ご協力お願いいたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。

お問い合わせ・ご予約はこちら

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示