整うからだ、変わる呼吸(第4回)

\ワークショップのお知らせです/

「整うからだ、変わる呼吸」

-シヴァナンダヨガ基本の12アーサナを深めよう!-

日時:2021年4月6日(火)19:00~20:30

場所:いきいきサロン防地

(広島県尾道市防地町9-35)

料金:1,500円

講師:岡田紗弥

シヴァナンダヨガの基本の12アーサナを1年かけてゆっくり学ぶ。

全12回のワークショップ第4回です。



現代の生活はシャツやネクタイ、タイトなパンツなどの窮屈な衣服によって血液の循環や呼吸が制限されることがあります。また、長時間同じ姿勢でいると、骨盤(仙骨)と腰部、背骨と肩甲骨の動きも鈍くなり、凝りや痛みに悩まされることもあります。


体の過度な緊張をそのままにしておくと、偏頭痛や体幹筋の弱化、ストレスによる吐き気や気分不良を引き起こしてしまうのです。


春は体調や感情に波が出やすく変化を伴いやすい季節です。

この時期を軽やかに過ごすためにも身体と心、呼吸を整えておきましょう!

第4回目は「マツィヤーサナ(魚のポーズ)」

・猫背を整える

・喘息、気管支炎の緩和

・免疫力の向上

・便秘の解消

・甲状腺、副甲状腺の機能調整

・松果体、脳下垂体の活性化

・マニプーラチャクラの活性

・アナハタチャクラの活性

このような効果が期待できます。

※高血圧、低血圧、心臓病、偏頭痛、消化器の潰瘍、脊椎のヘルニアや損傷、妊娠中は練習を控えましょう。

こんなお悩みはありませんか?

・胸が開かず、肘が離れてしまう

・頭が床につかない

・首や頭に体重がかかり、呼吸のバランスが乱れる


\お悩みの解消のポイント/


①胸骨・肋骨・鎖骨周り・喉元の皮膚感覚


本当に筋肉の凝りなのか…もしかしたら皮膚がつっぱりかも!


②骨盤の前傾と腰部・腹部の関係


骨盤を力んでうごかと腰の筋肉が固まって胸が開かなくなります。お腹に意識を向けてみましょう。


③肩甲骨の可動性


耳と肩を遠ざけて肩甲骨の下端を尾骨に近づけると自然とみぞおちや胸が開きます。

心地よく胸を開くには!ー骨盤から腰椎、胸椎から頸椎へのしなやかさー

下半身のポイントとなる骨盤の前傾運動。無理なく動かす方法をお伝えします。骨盤が安定するとその先に繋がる背骨や首への負担を軽減できます。


しなやかな背骨にしておくことで、息を吸ったときに、みぞおちや胸を開くことができます。さらに上半身のポイントとなる肩甲骨の動きもとても大切です。胸を開きプラーナを導き入れるために必要な内転・下方への回旋をガイドに沿って練習します。意識を変えるだけで微細な動きでも呼吸の質が大きく変わるのを感じていただけるはずですよ。

呼吸のイメージを楽しむーハートが全ての方向に拡がっていくー

ポーズをキープするときどんなことを意識しますか?深い呼吸を意識しすぎて、体の一部に強い力みが生じたり、頑張りすぎていませんか?吸う息、吐く息のイメージを楽しみながら頭ではなく感覚を活かして呼吸する練習をしましょう。

【対象者】

・伝統的なヨガに興味がある方

・これからヨガを初めてみたい方

・通常のクラスを受けていてアーサナについて深く理解したい方におすすめです。

通常のクラスではアーサナができるかどうかではなくチャレンジしていく過程を大切にしています。ここでアーサナができるようになることがゴールではないので、「ポーズができないから参加できないわ」と諦めないで。安心してご参加いただけたらと思います。

【お持ち物】

・ヨガマット

・フェイスタオル

・お飲み物

(筆記用具・ブランケットなど)

【注意点】

・更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。

・室内の温度調整がご希望に添えない場合がございますので、上着やブランケットなど保温できるものをお持ちください。

・録音や動画の撮影はご遠慮いただいておりますので、ご協力お願いいたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。

お問い合わせ・ご予約はこちら

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示