私とわたし

私とわたし 


幸せになりたい そのために学びたいんだよね その気持ちとってもたいせつ

わかる、すごくよくわかるよ

今よりも良くなりたいんだもん

でもね約束してほしい 一度にたくさんの情報を詰め込まないで

理解できないまますごいスピードで情報が入ってくると自由に遊ぶところがなくなるんだ 本当は自由に泳ぎたいのに、緊張と思考で張り巡らされたくもの巣のなかでは遊べないんだ


できることならわたしのところに還ってきてほしい 寝る前にはおしゃべりしたい


わたしの出しているサインにね気づいてほしい

集中力を抑えて眠気を誘うこともある

お腹が痛くなったり肩がこったりするよね 見えにくく聞きにくくしてるのは休んでほしいからなの

その目や耳で気持ちいい音楽を聴こうよこころがほぐれる本を読もう

野菜や果物の色彩を楽しんでほしい


身体に出てくるものはわたしからのサインなの わたしにいじわるしないでほしい

いじわるされるとね行き場を失ってしまった名前のないきもちが姿を現して

雲みたいにもくもく膨らむの

こころが曇ると不安や恐い気持ちが雲にピタピタくっつくよ

そうなると悲しくなるよ

自信が持てなくなったり失敗を恐れたり明日がこわくなったりするんだ


その暗闇を映し出した世界のど真ん中でうずくまってるのも知ってるんだ 足りないところを見て外に外に意識を向けて幸せを探しにいっちゃうんだから


私とわたしを一緒にしてた それが苦痛を生んでいたのね

暗闇の世界から離れられたとき、わたしが私に教えてくれた

だから言ったでしょ 必ずわたしのもとへ還ってきてね そこにはいつもあなたのための幸せが どこまでも広く深く虹色に輝いてるの

わたしはいつもどこでもどんなときも 変わらずに幸せよ


わたしは私 私はわたし


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示