整うからだ、変わる呼吸(第7回)

\ワークショップのお知らせです/

「整うからだ、変わる呼吸」

-シヴァナンダヨガ基本の12アーサナを深めよう!-


日時:2021年7月20日(火)19:00~20:30

場所:いきいきサロン防地(広島県尾道市防地町9-35)

料金:1,500円

講師:岡田紗弥


シヴァナンダヨガの基本の12アーサナを1年かけてゆっくり学ぶ。

全12回のワークショップ第7回です。




第7回目は「シャラバーサナ(バッタのポーズ)」


・背中の引き締め

・上半身の筋力強化

・膵臓、肝臓、腎臓の活性化

・消化力が高まる

・腰痛や坐骨神経痛の緩和

・意志の強さを養う

・スヴァディシュターナチャクラ活性化

このような効果が期待できます。

心疾患のある方、ヘルニア、胃潰瘍の方は練習を控えましょう。

こんなお悩みはありませんか?

①あごや胸の前側が浮き上がる

②両脚が上がらない

③喉元が苦しく呼吸が浅く切れやすくなる

腹部から足への繋がりー脚はどこからどこまで?ー

ポーズに入る時に足を高く持ち上げようと反動を使ったり、背面の力に頼りすぎていませんか?過度な筋肉の収縮は腰痛を引き起こす要因になります。


私たちの足はどこから生えてどのように連なり動いていくのか、腹部と足の繋がりを動きの中で理解していきましょう。それだけでも脚は軽くなり、背骨の空間も保たれた状態で動けます。上に高く高く上げるよりも、長く遠くへ伸ばしてみましょう。そして、とても重要な鍵となる足の小指にも着目して、小さな変化を楽しみながら動いていきましょう。


心をオープンに力強い意志を持ってー胸を開き喉の詰まりを解放するー

胸の前側が硬い状態、もしくは慢性の肩こり・首こりなどをお持ちの場合、周囲の筋肉が縮こまって深呼吸をしても酸素を取り込める量は少なくなってしまいます。簡単な方法で揉みほぐし、呼吸を通して胸〜背骨〜骨盤がどのように動いていくか観察してみましょう。


胸が開き、喉元を心地よく呼吸が流れていく様子をイメージしながら行いましょう。ポーズを解いた時にはたくさん背負っていた責任や自分への厳しすぎる感情も手放せるかもしれません。


【対象者】

・伝統的なヨガに興味がある方

・これからヨガを初めてみたい方

・通常のクラスを受けていてアーサナについて深く理解したい方におすすめです。


【お持ち物】

・ヨガマット ・フェイスタオル ・お飲み物 (筆記用具・ブランケットなど) 【注意点】

・更衣室はございませんので、動きやすい服装でお越しください。

・室内の温度調整がご希望に添えない場合がございますので、上着やブランケットなど保温できるものをお持ちください。

・録音や動画の撮影はご遠慮いただいておりますので、ご協力お願いいたします。 みなさまのご参加をお待ちしております。


お問い合わせ・ご予約はこちら

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示